河原町の路地奥の空き家をゲストハウスにリノベーション【ビフォーアフター】

京都の風情が漂う路地(ろうじ)の奥。京都市内に数多く存在します。

現在の建築基準法とあわず、新築の建て替えが困難な場所も結構あり、放置された空き家まだまだたくさん存在しています。この京都風情を残しつつ、町屋の魅力を引き出したリノベーションが流行っています。

特に海外のお客様をターゲットにした、町屋風のゲストハウスなども増えています。持っているだけで、何も利益を生まなかったただの空き家が、手を加えることによって所有者様の収益にすることもできます。

今回ご紹介するのは河原町五条にある路地奥の古い空き家・・・

resize1174

 

resize1170

おしゃれな町屋風ゲストハウスにリノベいたしました。【アフター】

DSC07609


元々は路地奥の古い空き家でした。【ビフォー】

DSC07605

もともと内装は殆ど老朽化し使い物はなりませんでした【ビフォー】

resize1159

特徴的な梁を残し、あとは真っ白で清潔感のある洗面室に♪【アフター】

resize1157

resize1156

resize1154

水回りをすべて新設し、快適な生活空間に仕上げました【アフター】


resize1146

resize1145

小庭の見える畳のお部屋には自然の光が十分入り、ゲスト様にも喜んでいただけそうですね。

resize1164  resize1166

少し演出をしてみるだけで、明るく美しいゲストハウスに仕上がります。【アフター】


DSC07604  DSC_0815

薄暗い古家【ビフォー】

resize1151

外国人ゲスト様を迎えるのに、ソファーが置けるフローリングのお部屋【アフター】

resize1169

和のテイストを演出するため、玄関に石を置いてみました 【アフター】