ゲストハウスの運営を「京都やましなぐらし。」がお手伝い

開業しようと思っている、もしくは開業したのは良いが、なかなか良い物件が見つからない。自分たちの力では限界を感じるという方は、「京都やましなぐらし。」にご相談ください。またAirbnbはじめ、ゲストハウスの運営・管理に必要な各種作業のご相談もお気軽にどうぞ♪

・空き家・空き部屋などの不動産があり、活用をしてみたい。

・土地活用・不動産投資や相続税の対策などを考えている

・賃貸の運営しているが空室が気になっている、稼働率をあげたい。など

resize1168  resize1097  resize1094

ゲストハウスコネクションはインサイトハウスグループです↓

bnr_connection

ゲストハウス改修事例1はこちら

本サイトにてゲストハウスとして紹介した空き家は所在がゲストハウス営業可能な用途地域に存するものになります。ゲストハウスの営業許可取得を保証するものではございません。

空き家をゲストハウス(簡易宿泊施設)として利用する場合は旅館業法に基づく許可が必要です。万一、旅館業営業許可を取得せずに旅館業法の簡易宿泊所にあたるゲストハウスを開業・営業した場合、旅館業法違反となり処罰の対象となります。

既存の住宅などに使用していた建築物をゲストハウスの開業に利用する場合、用途変更に基づく改修が必要となる場合があります。ゲストハウスとして利用する床面積が100㎡以上の時は、建築基準法に基づく手続きも必要となります。

旅館業営業許可申請前に消防署へ相談し防火設備などの指導を受け、誘導灯や火災報知器などの設置を行い消防法令適合通知書交付申請を行わなければなりません。

既存の建築物を利用する場合、行政との協議の結果、営業許可取得を断念せざるを得ない場合があることを予めご承知おきください。