ヘルプマーク

こんにちは、インサイトハウス山科駅前店スタッフです。
寒い寒いと思っていたら12月の気温とのこと。本日はついにダウンコートで出勤いたしました。
この頃はたくさんの神社仏閣で紅葉ライトアップなどしておりますが、見に行かれる方はどうぞ暖かくしてお越しくださいね。

さて、本日は『ヘルプマーク』のお話を少し。
先日、お店で素敵な出会いがあり、このマークの存在を知りました。
スタッフのひとりは意味も知っていたようですが、私はそういえば最近見かけるなぁ程度の認識でした。
見覚えのある方もおられるのではないでしょうか。

※『ヘルプマーク』とは
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
http://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/helpmark.html

確かに、目に見えないけれども助けを必要としている方はたくさんいらっしゃるはず。
意味を知っているだけでも、何かあったときにすっと手を差し伸ばせますね。
普及活動をされている方から自作ポスター(公認)を頂きましたので、さっそく店頭に掲示しました。
一日も早いヘルプマークの普及と助け合いの輪が広がることを切に願っております。