〜すまいりん隊長がゆく!番外編〜 山科の街、山科の人が大好き! 「やましなさん」って?

山科の街には、「やましなさん」という団体があるということはご存知ですか?
同じく山科で活動する、「やましなぐらし。お役立ち隊」隊長のすまいりんが、
今回、「やましなさん」の宣伝部長を兼任!「やましなさん」の実態に迫ります。

「やましなさん」とは?

山科の不動産会社である株式会社インサイトハウスが後援企業となり、地域活性化を目的として立ち上げた団体。その活動内容は、Webサイトでの地域情報の発信、住民にスポットをあてたインタビューの紹介、地域交流を目的としたイベントの企画運営など。Facebook、Twitter「きょうのやましなさん」にて活動の模様を随時更新しています。
今まであまり良いイメージを持たれていたなかった山科ですが、ここに暮らす人々の絆はとても強くて、あたたかい。そんな山科の素敵なところを広めるべく、日々活動しています。

メンバーは、大学生!

「やましなさん」は、学生の職業体験制度であるインターンシップで運営されていて、メンバーは関西の大学生が中心。半年ごとにメンバーが入れ替わっていて、現在活動しているのは、9期生の2人。
地域で活動をしている団体や施設への取材のほか、街を歩いて気になった人にアポなしで声をかけたり、お題が書かれたメッセージボードを掲げて街頭インタビューをすることもあるという、パワーあふれる若者なんです!


辻井佳菜子(つじい・かなこ)さん(左)
同志社大学3回生
京都符出身、京都市西京区在住

山田茉桜(やまだ・まお)さん(右)
京都府立大学3回生
奈良県出身、京都市上京区在住

 

最新版「やましなさん」フリーペーパー配布開始! 編集メンバーに色々聞きました♪

●山科の街のイメージは?

辻井さん(以下、辻);一体感があって、山科愛のある人が多いですね。一旦他の地域へ行っても、やっぱり戻って来てしまう、という人も多くて。

山田さん(以下、山):みなさん山科を良くしようという思いを持っているんだな、と感じます。そんな一人ひとりの頑張りが合わさって、地域としての助け合いができていたりして、いい街だなと思います。

●成長できたと思うことは?

山:辻井さんと意見が合わなくてぶつかっとこともあったんですけど、話し合ううちに、お互い歩み寄ることができたし、自分とは違うやり方があるんだということを教えてもらえました。私一人だけでやってたら、いつまでもうだつの上がらない活動になっていたかも、と思います。

辻;確かにそれはあったかも。任期の変わり目に活動の集大成としてフリーペーパーを作るんですけど、山田さんは「せっかくの活動だから、特別な一冊にしたい」と言っていて。そういうところは自分に欠けていな、と。活動を通じていろんな人の考えを知り、自分の視野が広がったことは常々感じていましたが、それは一番近くにいた山田さんとの関わりでも同じで。意見が合わないからこそ、違いを知ることができたんですよね。

●今後の目標は?

辻:やはりフリーペーパー作りについてになりますが、新しいことを知ることができるだけでなく、見た人の考えが変わったり、行動に移せたりするような内容にできたらと思います。まずは読んでもらえることが一番なので、読みやすく見やすいものにすることも工夫していけたらと。

山:インタビューした人はみんな「気軽に頼ってな」と言ってくれる人が多かったので、その思いを感じ取ってもらえる内容にしたいですね。「じゃあお願いしてみようかな」と思ってもらえるような、見た人の行動に少しでもつなげられるものになればいいですね。

●戌亥よりひとこと

辻井さん、山田さんのお二人は、最初とても大人しくて、「大丈夫かな?」と不安でしたが(笑)、インタビューもしっかりできるようになって、みるみる成長しています。そんな学生さんたちの一生懸命な姿を見ると、自分に足りないところに気がついて、初心に返ることができるんですよね。すごい!と思ってもらえるような活動をするのはなかなか難しいですが、「なんかいいな」と少しでも思ってもらえて、それが何十年と続けばすごく良いものになると思います。それを目標に活動を積み重ねて、次の代へとずっとつなげていきたいですね。

 

やましなさん
http://yamashinasan.com/