老後の選択肢を増やす方法があります

「いつまでも、慣れ親しんだ自宅で暮らし続けたい」

誰もが思うことだと思います。

しかし、介護はいつ始まるか誰にもわからないのが現実です。

多くの方が、いざ介護が必要になってから慌てて、不安になります。

お元気なうちから心とお金の準備をしておくことで、

介護状態になってからの選択肢を増やすことができます。

お持ちのご自宅・空き家・空き地・・・「資産」ではありますが、

在宅で介護を受けるのも、老人ホームに入るのも「現金」が必要になります。

なので、「資産」を「資源」に変える必要があります。

実際にお手伝いさせていただいた実例もあります。

詳しくは、インサイトハウスでケアマネ資格をもつ太田にご相談ください。

インサイトハウスリレーション事業部 太田英樹

介護業界27年の経験、アドラー心理学をベースにしたコーチングコミュニケーション、住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランナーとしての知識など、皆様の暮らしやお仕事に役立てていただけるミニコンテンツを配信いたします。
介護も不動産も「暮らし」の一部。いろんなモノや人が繋がる(リレーション)ことで「暮らし」が成り立っています。