あなたが家に求めるものはなんですか?

皆さんはどんな家に住みたいですか?住みたい家のイメージを自由に膨らませていくことが、本当の理想の家を手に入れるために欠かせない作業です。実現可能かどうかは別として、当てはまるものをまずは選んでみましょう。制限をかけるのは実際に購入する段階になってからで結構です。

・あなたの会社に近い家を選びたい

・パートナーの会社に近い家を選びたい

・あなたの実家に近い家を選びたい

・パートナーの実家に近い家を選びたい

・海や山に近い家を選びたい

・街中に近い家を選びたい

・畑や田んぼに近い家を選びたい

・静寂のある場所で家を選びたい

・にぎやかな場所で家を選びたい

・仕事の能率や効率を最優先させたい

・子供を育てるのに最適な環境を選びたい

・自分の趣味が思いっきり楽しめる環境を作りたい

・とにかく家ではくつろぎたい

・子供の通学、学区を最優先に家を選びたい

・地下鉄沿線に住みたい

・たくさん集めた趣味の収集品を家に展示したい

・自分の書斎が欲しい

・庭でガーデニングをしたい

・子供に部屋があればよい

・セキュリティを重視したい

・毎晩部屋からきれいな夜景が見たい

・きれいな空気の所に住みたい

・時間を効率よく無駄にならないように使いたい

・子供に友達がたくさんできるような環境を選びたい

・とにかく通勤時間を減らしたい

・休みの日には家の周りで何かしらレジャーをしたい

・満員電車にできるだけ乗らないようにしたい

・家と事務所(スタジオ)を兼用したい

・家とお店を兼用したい

・パートナーが住みたい家を選びたい

・家の近くで農業をやりたい

・とにかく広い家に住みたい

・自分で自由に設計したい

・地震に強い安全な家に住みたい

・人生の自由度をいつも持っていたい

・長期ローンを組むリスクをできるだけ追いたくない

・超豪華な家や超お洒落な家に住んで、知人に自慢したい

・自分の嗜好を取り入れた自分だけの特殊な家に住みたい

自分が望んでいるライフスタイルの傾向が分かってきましたでしょうか?パートナーにも同様にチェックしてもらいお互いの優先順位を確認しあってください。

ここでチェックした項目は「現時点での皆さんの望んでいるライフスタイル」です。20代・30代・40代…と年齢を重ねていくにつれて当然住みたい場所や家の種類は変わってくることでしょう。結婚して出産といったライフイベントによって、子供のための住環境が最優先になっていくことがほとんどでしょう。またシングルで暮らす人にとっては自分の嗜好や趣味、仕事の環境が重要になってくるでしょう。また年齢をさらに重ねていくと、子供が独立したり、自分の健康が気になってくるでしょう。

自分自身のライフスタイルは変わりますので、将来の自分がどのような家に住むかにも思いを馳せてみてください。

家は大きな買い物ですが、住み替えができます。だからこそ今、大切にしたいライフスタイルをしっかりと認識していただきたいと思っています。せっかく大きな買い物をするのですから、今、あなた自身がどんな暮らしをしたいのか明確に追いかけるお手伝いをしていきたいと思います。住み替えて別の暮らしがしたいと思ったときは、お買い替えの提案ができます。理想はライフスタイルやライフイベントによって将来、必ず変化します。

チェック項目を時には思い出して、パートナー様とも時々確認してください。何か変化に気がついたら、お気軽に弊社までご相談ください。